Twitterでニャンコやワンコに癒されましょう

SNSというと使ってない方には犯罪や誹謗中傷などの温床のようにとらえられているかもしれませんが、使い方を間違えなければとても役に立つものなのです。
動物好きあるいはペットを飼ってらっしゃる方ならではの使い方があります。

一般的にSNSとして有名なのは、Facebook、Twitter、そしてInstagramではないでしょうか。
今日はそのなかから、Twitterの使い方をご紹介します。

Twitterは、匿名で短い文章や写真などを投稿できるサービスです。
匿名というのがまずちょっと不安をぬぐってくれませんか。
有名人、ニュース、テレビ局、新聞、政府、地方自治体なども積極的に活用してます。
このような個人以外も使っているわけで、基本的な使い方はメッセージのやり取りではないんですね。
何かを発信したい人(や団体)が“ツイート”(つぶやき)します。
そのツイートを第三者が知ることができる、いわばメールマガジンのようなサービスなんです。

さて、動物好きさん、あるいはペット飼ってる方はどんな使い方ができるかと言いますと。
“かわいい動物の写真で癒される!”というのが一番。
さっそく例をご紹介します。
小諸市の文具店である万年堂さんのTwitter(https://twitter.com/nyannendo)です。

なんと看板猫の店長シマ子さんが主役なんです。
ほぼ毎回のツイートにシマ子さんが登場します。
かわいいですよね。

家猫が一般的になっているので、犬のように散歩中に他の友達ができるのは難しいでしょう。
ちょくせつ近所の猫ちゃんと接しないでもこのようにニャンコの写真をツイートしているTwitterをながめていればほっこりしますよね。
Twitterに登録してツイートする必要もありません。
ニャンコやワンコの写真をツイートしているアカウントを探して“フォロー”(購読)すれば、世界中のかわいい猫や犬と出会えますよ。

最後に小諸市つながりで、小諸市動物園のTwitter(https://twitter.com/komorozoo)

あんと3万人近くがフォローしてます。
ペンギンの赤ちゃん可愛いですね。

興味ある方はTwitter使ってみましょう。