花見自粛につき猫の“お鼻見”?!

長野県のさくらの名所高遠城址公園のさくら祭りは中止になり、花見も自粛して下さいとのことです。
さくらは来年も再来年も咲きますから、今は全国的に大事な時期、花見はがまんしましょう。

ということではないと思うのですが、ニャンコの鼻で“お鼻見”が一部で流行ってるようですよ。
#お鼻見 でツイートを検索すると、かわいい猫ちゃんたちの写真が沢山出てきます。
そして長野県内では、下伊那郡豊丘村の天恵製菓株式会社ツイッターはじめて拝見しましたがユニークです。
それに「企業公式猫部」なるハッシュタグも使って和ませてくれます。
いくつか下記でご覧下さい。

愛猫のお鼻でみなさんもお鼻見に参加してみませんか?

しろさんありがとう!

初めてわが家に来たときは、7月21日だったね。
朝、兄ちゃんとすれ違って兄ちゃんが振り向いたらしろも振り返って、兄ちゃんと目が合ったね。
それから、しろは兄ちゃんに付いて来て、会社内を歩き回って、会社の人について回ってたね。
そこで初めてしろに会ったけど、「すごくかわいい犬だな」って思ったよ。
最初は慣れなくてなかなか大変だったけど、一緒に過ごしていくうちに、かけがいのない存在になったよ。
しろが来てくれた日は、私の誕生日で、「私に会いに来てくれたんだ」って思ったよ。
いつもしろは、家に帰ると待っててくれて、疲れを忘れさせてくれるくらいかわいい顔を見せてくれたね。
本当にありがとうね。
しろが来てくれて、うれしかったよ。ありがとう!

とってもやさしいしろだったね。
だれからも好かれてとても良い子だったよ。
発作が起きて苦しい時もよく頑張ったね。
嫌いな薬も頑張って飲んだね。
本当にありがとう。
いっぱい楽しい思い出をありがとう。
夜寝る時にずっと診てたね。
最初は夜中に散歩行ったり大変だったけど、良い想い出だよ。
布団をいっぱい散らかしたのね。
しろ、安らかに眠ってね。

しろは大好きな家族だよ。
本当にいつもありがとう。
しろのこと大好きだよ。
ゆっくり休んでね。

しろ有り難う。
しろと一緒でうれしかったよ。
ありがとう。

つっちー(長野県茅野市)

我が家のアイドル タローちゃん

生後2ヶ月で我が家に来たタロー、オスだと言われていたので”太郎”と名付けたのに、その後、体調を悪くして病院で診てもらった所、「この子、メスですよ」と、モモちゃんにしてみたけれど、振り向かず、”タロー”という名前になりました。
タローのチャームポイントは、首のモフモフ白毛と くるんとなった巻尾。具合いが悪くなってからは、ふつうのシッポになってしまった。
外にワイヤーをはって、走れるようにしてあった。ある日、リードが切れてしまったけれどいつものようにワイヤーに添って走っていた。
芝生でひなたぼっこするのと、お散歩が大好きでした。
タローがかわいすぎて、学校をさぼったこと。
仔犬の頃、イスの脚、柱など、ガリガリ削ってあっtsこと。
花火と雷が怖くて、机の下に入ったり、抱っこしてあげたこと。
ねこが苦手でした。それは昔、散歩の途中、野良猫に襲われそうになってからです。臆病タローちゃんで淋しがり屋でした。
13歳で倒れ、年に2~3回倒れるようになり、18歳6ヶ月16日で亡くなるまでよくぞ生きてくれました。
我が家は、いつでも タロー中心にまわっていました。
タローの散歩をしていると、車の人、通りすがりの人、皆 振り返ってみていました。(ソフトバンクの お父さん犬に似ていると)
食事の時、机の下にきては「ちょうだい!!」と鼻でツンツン催促するのがとても かわいかった。
本当に家族の癒しになってくれたこと、タローに感謝です。

タロちゃんスキスキ(長野県小諸市)

食いしん坊 グルメ猫 シャイだけど甘えん坊の猫

家族で夕飯を食べていると、必ずお父さんのとなりに座り、魚をねだる猫でした。
魚の中でも、カツオとマグロしか食べないので、違う魚を差し出すと、「ふんっ」と部屋を出て行きました。
グルメな猫でした。
朝はお母さんを毎日起こしに来ました。
それはご飯をねだるためで、ひどい時はAM3:00頃からお母さんを起こしました。笑
家でひとりでお留守番すると、寂しかったのか、玄関のドアの前までお迎えに来て甘えてくれました。
人見知りする猫で、家族以外の人が来ると必ずこたつの中に隠れていました。
お客さんが帰るまで出てこない、シャイな猫でした。
昼間はお婆ちゃんと毎日過ごしお昼寝をしていました。
おもちゃを買って帰ると、何か察して袋の前に座って開けるまで待っていました。
おもちゃで遊んで欲しい時は、おもちゃ箱まで誘導して催促してきました。
お父さんが大好きで、車の音が聞こえると玄関までお迎えをし、その後はお父さんの後をずっと離れず、トイレ、お風呂、行く先の全てに付いて行ってました。
一人で寝るのが苦手でな子で、一度気に入ると1週間毎日布団に来て、一緒に寝てました。

アルプス(長野県小川村)

ココちゃん、ありがとう

いつも柚を守ってくれてありがとう。
支度の遅い柚の片付けをしたり
一人でトイレに行けない柚についていってあげたり
本当に頼りになるお兄ちゃんでした
時には柚とけんかしたり
ちょっかいだして怒られたり
ずっと一緒にいることがあたり前だと思っていたのに
こんなにも早く、こんなにもあっさりと逝ってしまうなんて…
もっと一緒に散歩したかったね
もっと一緒に遊びたかったね
でもココちゃんはずっと私達家族の一員です
ずっと私達の心の中にココちゃんは生き続けます
これからもずっと一緒だよ、ココちゃん。

ココちゃんの家族(長野県小諸市)