人見知りだったトラ

ダンボールの中に兄妹で置いておかれた日から16年。
とても怖がりで、外に出る事もなく家の中だけで過ごした16年でした。
早くに妹が亡くなり、ひとりで寂しかったかもしれません。
若いグロンが遊びに来た時は少し迷惑そうだったので、ひとりでのんびり過ごすのが好きだったかもしれません。
ゴロゴロと甘えてくれたトラが大好きでした。

匿名希望(長野県軽井沢町)

ちいさなちいさなおてんばてんちゃんへ

京都で初めて会って、一目惚れをしてすぐに連れて帰ったね。
小さいのに元気一杯大きなぶうとたくさん遊んでくれてありがとう。
皆からかわいいかわいいとたくさんほめられたね。
マロンとはケンカばかりしてたけど、本当は遊びたかったんだよ。
てんちゃんがかわいくて仕方がないからちょっかい出してたんだよ。
そっと一緒に思い出作りたかったな。
ぷうぷう鳴いてまた遊ぼうね。
生まれ変わったら、絶対にまた私のところへ来て下さい。
おいしい手作りごはん沢山作ってあげるよ。
ぶうとマロンも待ってるからね!
てんちゃんにたくさんの幸せをもらってママは幸せでした。
本当にありがとう。
天国でも沢山走ってモリモリ食べてね!
また必ず会おうね!てんちゃん大好き!

てんママ(長野県軽井沢町)

「ねこ宿」が外国人観光客に人気だそうです

「「ねこ宿」に泊まるために、日本にやってくるインバウンド観光客たち」

「ねこ宿」という言葉があるそうです。

看板猫がいて、お客さんを惹きつけている宿を「猫(ねこ)宿」と呼ぶ

この記事で紹介されているのは野沢温泉の桐屋旅館。

明治時代に創業した老舗温泉旅館で、現在、5匹の猫がご家族と共に暮らしている。女将の片桐紅さんによると「ウチは宿泊客の約半分が外国人。特に冬はほとんど日本語が聞こえないような状態になるんです」とのこと。

桐屋旅館で猫ちゃん目当ての宿泊客は少ないそうですが、猫と遊ぶなど楽しんでもらっているようです。
この旅館のインスタグラム(https://www.instagram.com/kiriyaryokan/)を見ると堂々と看板猫達が登場してますね。

他にも長野県には「ねこ宿」がありました。
「ペンション カスティール」(軽井沢町)
「渋温泉 金具屋」(山ノ内町)
ただし、金具屋さんの場合ホームページなどに記載はなく、訪れた方などの情報からですので、もし違っていたらごめんなさい。

ありがとう

タビはウチのニャンズの中でワンパク男子だったね。
少し強引なところもあったけど、愛嬌バツグンで白タビ脚を組んで何?って顔をされると、すべて許してしまうことが多かったね。
最後の方は、病院通いが多くてつらかったかもしれないけど、よく頑張ったね。
いつでもお腹がすいた時の“ゴニャーン”という声が聞こえる気がします。
ずっとずっと愛しているからね。大好きだよ。

ニャマ(長野県軽井沢町)

長野県、今年も熊の出没が多い?

昨晩、松本市から長野市に向かう特急列車が熊と接触して一時停車していたようです。

昨年も長野県ではクマの出没が多そうだと書いてますが、今年も多いのでしょうか。
軽井沢町では新軽井沢と言われる軽井沢駅周辺でも目撃されてます。雲場池の近くだったり、矢ケ崎公園近くのホテルの中まで侵入したりしてます。
軽井沢町ではクマの出没場所が地図で分かるようになっているのでありがたいので、近くに行く際には気をつけましょう。
その軽井沢町から委託を受けて熊を追い払っているピッキオは捕獲した熊に発信器を取り付けます。
その熊が人の生活域に近づいてくるとベアドッグという訓練された犬などを使って山の方に追いやる活動をしています。
最近知ったのですが、発信器を取り付けた熊はひと目に触れることがないわけで、つまり軽井沢町の熊情報地図で示された目撃情報は発信器が付いていない熊。
軽井沢町だけでもクマは何頭もいるんだということが分かるはずです。
なおもちろん野生動物なので県境や町の境は関係ありません。御代田町や佐久市で目撃されても軽井沢町の地図に載ることはないので周辺の市町村では別の情報を頼りにしなければなりませんね。