猫の写真の取り方

猫ちゃんブームのせいだけではないと思いますが、インターネットに流れる投稿などを見ていると実にペット、特に猫に関するものが多いように思います。
動画も多くなってますが、かわいい表情などを撮影した写真に惹かれますよね。
インスタグラムでハッシュタグの数を調べてみると、「#猫」は2千万件を超えてます!「#犬」はその半分。いかに猫ちゃんの写真が撮影されてSNSなどで流れているか分かります。
猫ちゃんを撮影するテクニックについて、動物写真家・岩合光昭さんが講演会で話された内容が参考になりそうです。

「動物写真家・岩合光昭が語る、猫の撮り方」(http://ilove.cat/ja/2622)

いくつか引用させていただきます。

ブラッシングをしてあげましょう。健康状態がいいことはもちろん、目のゴミを取ってあげたり。モデルさんがお化粧をするように、猫も整えてあげるんです。メス猫であれば美人に撮ってあげたいですし、オス猫であれば凛々しい表情が見たいですよね。それが生き生きとした表情になる、大切なポイントです。よく黒目が大きい方が可愛いといいますが、僕はそんなに気にしていない。猫はどんな表情をしていても100パーセント可愛いんです(笑)。

ブラッシングや目のゴミを取ってあげるというようなことはコミュニケーションですよね。
猫ちゃんとのより通じ合える関係がそのまま写真にも表現されるのではないでしょうか。

猫によって、振り向かせかたは様々です。例えば夕暮れの暗くなっている時は、シャッタースピードが遅いので、猫が動くとブレてしまう。そういう時は“ハイ、息を吸って〜、止めて!”と、掛け声をかける。そのタイミングでシャッターを押します。語りかけると、猫にはきちんと伝わるんですよ。

写真慣れしてくれば猫ちゃんも意識してあわせてくれるのかな。
表情やポーズも決めてくれると最高ですね。

携帯電話のカメラ機能で十分です。ただ、望遠レンズがないと猫に近づかないといけないので、外で撮影するには一眼レフを使うのはいいかもしれませんね。一緒に暮らしている場合は、大きなカメラを構えてしまうと嫌がってしまうので、普段からカメラが目につくような位置に置いておくことが必要です。カメラが怖くない物だと慣れさせてから、シャッターを押すといいですね。

この講演会は2011年。
そこからさらにスマホは進化してます。
まずはスマホで十分でしょう。

さああなたもインスタグラムで愛猫の写真をみんなに見てもらいましょう。
猫の種類や英語でもハッシュタグを付けると、より多くの人に伝わりますよ。

御代田町の動物病院が子猫のミルク・ボランティア募集

先日犬や猫の献血がたいへんで血液を提供する犬や猫のボランティアについてご紹介しましたが、こちらは子猫にミルクを飲ませてあげる人間のボランティアについてです。

「長野・あさま動物病院、子猫のミルクボランティアを募集!~身寄りのない保護子猫たちの命を救うサポーター活動~」

ミルクボランティアを募集はじめたのは御代田町のあさま動物病院。

「幼い子猫は自らミルクを飲んだり排せつをすることが難しく、概ね生後2ヶ月頃まではつきっきりでお世話をしてあげる必要があるため、院内のスタッフによる対応のみでは限界があります。そこでひとつでも多くの救える命を救い、新たな飼い主様に命をつなぐため、一般の方からミルクボランティアを募集しております。」

人間が育てられない子猫をできるだけ救おうというすばらしい活動ですね。
子猫ちゃんをボランティアがあずかる期間は約2か月。
必要な経費は募金などの援助によるものらしいです。
人とペットの関係だけではなく、地域社会として、住み良い地域づくりとしても賞賛できることではないでしょうか。

詳しくは、あさま動物病院のホームページ(http://asama-animal.jp/guidance/milkb/)をご覧下さい。

人気のあるワンコやニャンコの名前はなんでしょう?

アイペット損害保険が4月24日に発表したペットの名前に関する調査結果(https://www.ipet-ins.com/news/petresearch0424-html.html)によると、犬は「マロン」、猫は「レオ」が1位だそうです。
いかがでしょうか? 愛犬、愛猫の名前ともしかして同じだったり、ご近所のお友達と同じかもしれませんね。

ワンコの名前で2位以下は、ココ、チョコ、モコ、レオ、モカ、そら、もも、きなこ、さくら。
ニャンコの名前で2位以下は、きなこ、マロン、ココ、もも、そら、まる、むぎ、ゆず、ルナ。

結構、犬と猫で人気の名前が共通してますね。
マロン、レオ、ココ、そら、もも、きなこ。
マロンや、きなこは毛の色からでしょうね。
アニメなんかの影響もあるんでしょうか。

犬種ごとの名前ランキングを発表されてます。
柴犬での1位は、さくら。なんかかわいいイメージですね。柴犬ではひらがなばかりなのが日本の犬種らしい。

ちなみにペットの名前が漢字だけなのは全体の約22%だそうです。
漢字だと硬いイメージが意表をついたユーモアを感じさせる名前になりそうなので、かわいいイメージにはマッチしないかも。
おもしろいので、どういう理由でその名前にしたのかも調べてもらいたくなりますね。

以前他の保険会社による調査結果を投稿(「犬の名前ランキング」)してますが、やはり同様の結果ですね。

猫も花粉症にかかるそうです

5月上旬くらいまで杉花粉が続くそうですが、花粉症にかかるのは人間だけではありません。
ニャンコも花粉症にかかるそうですよ。

「1才過ぎたら要注意!花粉症にかかりやすい猫の特徴や治療法、対策方法って?」

くしゃみ、鼻水、涙、目ヤニが出る、皮膚が痒くなったりするなど、人と同じような花粉症特有の症状がでます。この皮膚のかゆみから体を掻きすぎてしまい、脱毛してしまう場合も。それにくわえて目の腫れや、のどのかゆみなど、粘膜に現れる症状も人とほぼ同じで、目の粘膜やのどが腫れたりかゆくなったりしてしまうこともあります。

ただなかなか症状からは分かりにくいので動物病院でちゃんと診断してもらうことが必要です。
他にアレルギーを持っていたり、年齢が高めで免疫力が落ちている子には出やすいようですよ。
屋外に出さない猫でもさまざまなかたちで家の中に入ってくる花粉へは注意しましょう。
特に洗濯物に付着した花粉があると思うので、取り込む時にはしっかりとはたいて花粉を落とす。
また室内の掃除をこまめに行うというようなことも心がけた方がいいですね。
表れる症状が人間と同じなので、ニャンコの辛さも同じでしょう。
気をつけて上げましょう。

犬や猫の輸血について

考えてみれば人間と同じように手術をうけるわけなので、犬や猫も輸血を必要になることがあります。
ところがその輸血というのは簡単ではありません。
輸血用の血液確保が大変なのです。

法律の問題もあるようで、血液バンクのような仕組みはできないようです。
そこで病院によってはボランティアで血液を提供してくれる犬や猫の協力を得ているそうですが、体重が少ないので採血できる量は限られ、また一度採血したらダメージの回復のため一定期間をおくなど休ませなければなりません。年齢が高いと献血自体がリスクとなります。
こういったドナー献血では病気にかかってないかなどの安全性も確保される必要があります。
犬の血液の種類は人間よりも多いというのも難しくさせている理由でしょう。研究自体もなかなか進んでいないようです。
猫は3種類だそうです。

一方、人工血液の研究が行われています。
中央大と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究チームは、国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」で人工血液に必要なたんぱく質の生成実験を行ったそうです。
血液バンクの整備を行って欲しいですし、人工血液が実現することを望みます。