わが家の癒し

人懐つこくて誰にでもスリスリ甘えじょうず。
抱っこは嫌いだった。
性格はおっとりしていて、新しい猫をむかえても面倒見が良かった。
年を取ったらごはんの好き好みがはげしく飼い主を困らせていた。
病気をいっぱいしたけど長生きしてくれてありがとう。

ほっけ(長野県軽井沢町)

優しいヤマト

ヤマトが家に来たとき、まだ先代猫のゆうゆうがいたよね。どこかのお母さん猫が2匹の子猫をつれてやってきて、ゆうゆうのエサをもらいに来たんだよ。でも、賢いお母さん猫絶対にゆうゆうより先に食べさせなかったんだ。自分は一番最後に食べてたよ。そのうち親離れをさせて、お母さんだけどこかに行っちゃった。
うちの子になったヤマトはとても優しい猫で、仲間の猫が入院したり、家族が長く家を空けて戻った時は飛びまわって喜んでいたね。他の猫が死んだ時も、家具の裏とかのぞいて探していたね。寂しかったんだよね。かわいそうだった。
22年間、自分が病気になっても、眼が見えなくなっても、がんばってくれてありがとう。天国に行ったら、家にいた他の猫たちと楽しく暮らしてね。

青鉛筆(長野県筑北村)

ハクちゃん、ありがとう

生まれたときから中2まで本当にありがとう!
一緒に寝たり遊んだり楽しかったよ。
またうちに来てね。

ちいさい時から小4までいっしょにいてくれてありがとう。

長生きしたね。沢山の思い出ありがとう。
ゆっくり休んで下さい。

18年間ありがとう。
この家を建てた翌月からずっと家を守ってくれました。
いい時も悪い時も一緒にいてくれて本当にありがとう。

みぎはやみこはくぬし(長野県長野市)

我が家のおばあちゃん

我家の家族になって22年間、いつのまにか100歳を超えるおばあちゃん猫になりました。
数回の大手術も克服して、その度、嘘のように元気になって本当にタフな猫ちゃんでした。
可愛かった姿、いつまでもずっとずっと忘れません。
永い間、家族でいてくれて、どうもありがとう。
お星様になって私達を見守って下さいね。

るびい(長野県軽井沢町)