柴犬と長野県

今や世界的にも人気の犬種である柴犬には長野県が大きく係わっていたようです。

「柴犬のルーツに出会う旅(1)絶滅した石州犬『石』 故郷で再び注目」
「柴犬のルーツに出会う旅(2)系統図の頂点に立つ「強運の犬」」
「柴犬のルーツに出会う旅(3完)“柴の祖犬”の郷里に広がる日本の原風景」

まず柴犬のルーツとされているのは、島根県の石州犬の一頭である「石」という名前がつけらた犬だったそうです。

島根県西部・石見(いわみ)地方の地犬である「石州(せきしゅう)犬」の石(いし)号だ。

その「石」と四国の黒い『コロ』とのあいだに生まれたのが「アカ」
「アカ」の孫が「中」

戦後はアカの孫の『中(なか)』が、信州を舞台に名種犬として活躍。長野県ではその当時、既に地犬がほぼ絶滅していて、『中』と他地域から移入した優秀な犬をかけ合わせて柴の繁殖を盛んに行った。これらが固定された「信州柴」が、現在の柴の系統の主流になっている。

信州柴とは。

柴犬と呼ばれる由来には、いくつか説があります。 野山に自生する低木の総称が柴であったこと、そこが彼らの活動拠点であり、毛色も枯れた柴に似ていたため、柴犬となった。 信州の柴村で多く飼われていた。「柴犬辞典 柴犬の特徴~体・性格・しつけ」より

柴村というのがかつて埴科郡に存在していたそうですが、この説がその通りであれば長野市の松代町ということになりますね。
いずれにせよ信州長野県が柴犬に貢献していたのは事実のようですから、長野県民とするとますます柴犬に愛着を感じてしまいます。

ところでその石州犬は残念ながら病気などで昭和40年代に絶滅したそうです。
柴犬よりも精悍な顔で、猟犬として飼われていたとのこと。

冬に気をつけたい犬の防寒着

12月に入りまだ暖かい日もありますが、いよいよこの週末から本格的な寒さになるようです。
軽井沢の週間予報を見ると雪マークも。

寒さ対策として愛犬にも服を着せることもあるでしょう。
調べてみました。
次のホームページを参考にしてます。
「寒い日だって快適に!室内外別、犬の防寒対策【獣医師が解説】」(ワンペディア)
「寒い冬。犬に洋服って着せるべき?」(ニッポン放送)
「犬の散歩時に冬服・防寒着は必要?皮膚の乾燥対策は?犬と過ごす冬の寒さ対策」(ポチの幸せ)

まずどんなワンコに必要かです。
寒い国のワンコは寒さに強いのでいらないわけですが他のポイントは下記。

・犬の原産国が暖かい国(メキシコ原産のチワワなど)
・毛が短い犬種(フレンチブルドック、ボストンテリアなど)
・シングルコート(トイプードル、マルチーズ、パピヨン、ヨークシャテリアなど)
・子犬、病中病後の犬、高齢犬

毛が短い犬種は当然暑さ寒さに弱いと分かりますが、単純に毛がフサフサしてるから寒さには強いだろうと判断してはいけませんね。
健康に不安のある子にも防寒対策で服を着せてあげましょう。
個体差もありますので、いずれにせよ寒がってないかよく観察することが必要です。

耳や肉球への注意も必要です。

イタリアン・グレーハウンドは、寒さによって耳が凍傷になることが少なくありません。冬の散歩には、耳をすっぽり覆えるスヌードもマストアイテムのひとつ。

肉球もまた非常に乾燥に弱く、特に冬場などには、ちょっとした衝撃でヒビが入ってしまうこともあります。
乾燥対策としては、湿度を保つため、加湿器や保湿オイル・クリームなどを使うことが挙げられます。

冬の到来。必要にあわせて防寒着着せ、愛犬と快適に過ごしましょう。

上田市での犬猫里親募集活動

上田保健福祉事務所では定期的に犬・猫の譲渡会を開催しています。

「一匹でも犬猫を救う会」及び上田保健福祉事務所が保有している犬・猫の譲渡会を開催します。
日時:原則として毎月第1日曜日午前11時から午後1時
場所:上田合同庁舎南棟(2階)
主催:一匹でも犬猫を救う会
共催:上田保健福祉事務所
(飼育条件等の確認が必要なため当日の引渡しは行いません。)

このNPO法人の活動があってこそできていることではないかと推測します。
1匹でも多く犬猫を救うための活動としてありがたいことです。

一匹でも犬猫を救う会では、里親の募集を行っているのはもとより、NPO会員、サポーター企業、募金、一時預かりボランティア等の募集、あるいは物資での協力依頼も行ってます。

特に里親を待っている猫ちゃんが多いですね。
こういう活動を知らない方も多いと思います。犬猫の家族を捜してる方が近くにいたら教えて上げて下さい。

小諸市にあるハローアニマルで「よみきかせ犬」体験

信濃毎日新聞の記事が目にとまりました。
「付き添う犬と読書しよう 小諸で4日、小学生向け「よみきかせ犬」体験」

子どもが犬に読み聞かせをして自己肯定感などを高める「リードプログラム」に取り組んでいる小諸市の県動物愛護センター「ハローアニマル」は4日、小学生向けの体験イベントを同センターで初開催する。
(中略)
米国発祥の同プログラムは、国内では都内の図書館が採用。付き添う犬は読書介助犬で、同センターでは「よみきかせ犬」と呼ぶ。

失礼ながらこの記事ではなんのためなのか、どんな効果が期待できるのかが分かりませんのでもう少し調べて見ました。

「ワンちゃんが子どもの読書を手助けする!「R.E.A.D.プログラム」ってご存知ですか?」

子どもたちが犬(読書介助犬)に本の読み聞かせをするという活動は、「R.E.A.D.プログラム」と呼ばれ、アメリカ・ユタ州のある図書館から始まりました。R.E.A.D.プログラムの「R.E.A.D.」とは、“Reading Education Assistance Dogs”の略で、翻訳すると“読書介助犬”といった意味合いになります。
「R.E.A.D.プログラム」は読書の魅力やコミュニケーション技術を培うために1999年に始まったプログラムですが、目的は子どもたちの学習のためだけではなく、人前で文章を読むことが苦手な子の苦手意識を克服し、自己肯定力を養うことにあります。

でもなぜワンコなんでしょうか?

人前で本を読むことが苦手な子のなかには、「上手に読まなきゃ」「間違っちゃだめ」と自分自身にプレッシャーをかけているケースも少なくありません。
わたしも子どものころ、人前で音読することが得意ではありませんでした。「上手に読めなかったら笑われてしまうのではないか」という不安を常に抱えていたような気がします。
しかし犬は、子どもが本を上手に読めなくても、批判したり笑ったりすることは決してありません。子どもたちが読書介助犬の前で朗読を繰り返すと、以前より楽しく、自信をもって本が読めるようになるそうです。

なるほど、うちのワンコも話しかけると目をあわせたり、時には首を傾げたりして聞いて理解しようとする姿勢は感じさせます。
お子さんや、お孫さんで人前で本を読んだり発言することが苦手だったら、自宅で実践できそうですね。

宿泊施設の看板犬ランキング3位に斑尾のルイ君

楽天トラベルが実施した宿泊施設の看板犬人気投票というのがあって長野県信濃町斑尾の宿「小さなホテル 風小僧」のルイ君が第3位に選ばれたそうです。

「全国の宿から選んだ!自慢の看板犬ランキングTOP5」

3位には、昨年11位だった長野県「小さなホテル 風小僧」の「ルイ」が順位を上げてランクインした。ルイは山梨県の保護センターから来たミックス犬で、大きな耳と白いソックスを履いたような足が特長。人懐っこい性格で、宿のお出迎え部門の部長を務めている。

ルイ君は風小僧のfacebookで拝見できました。

ミックスだそうですけど、きれいなブラウンで、素敵な環境でのんびりと過ごしているんでしょうか、優しいゆったりとした姿です。
楽天トラベル以外のホームページにもルイ君のことが宿のクチコミに書かれていました。
とてもいい子なんだと思います。
下記、宿の方のコメントを読むと保護犬だったそうです。

山梨県の保護センターからやってきた、ルイ君。シェパードの血が入っていると思われる大きな耳と白いソックスがチャームポイントです。人懐っこく&犬懐っこい性格でお友達が沢山。保護犬周知活動も彼の大事な務めです。

ランキングには他にも長野県の看板犬がたくさんランクインしてます。

6位 春くん(軽井沢 ホテルそよかぜ、軽井沢町)
7位 与六(ヨロク)くん(むね樹ペンション、飯山市)
7位 エマちゃん?(西発哺温泉ホテル、山ノ内町)
11位 ななこちゃん(ペンションビッグフォレスト、木島平村)
13位 大豆(だいず)くん(奥志賀高原ペンション 樹の子、山ノ内町)
19位 ハローちゃん(信州 愛和の森ホテル、伊那市)
20位 ちゃこちゃん(松代ゲストハウス布袋屋、長野市)

犬がいない家族の方でもこういう看板犬のいる宿で犬と触れ合えるというのは宿の魅力にもなることでしょう。
宿を再び訪れた時、もしかしたら覚えてくれてるかもしれません。そんな体験もあったら最高ですね。