怖がりなななちゃん

ななちゃんが家に来て14年。
長かったような短かったような。
家に来てくれてありがとう。
夏の打ち上げ花火の音や熱気球の音が怖くて家から出なくなっちゃったよね。
車に乗るのが好きでいっぱいドライブしたよね。
楽しかったよ。
もっと一緒に居られると思ったから淋しいよ。

ななちゃんママ(長野県佐久市)

テラのとりこ

初めて会った時、5才上のルナとはまったく別顔のおとぼけ顔で「何〜この子〜」とおもったけど、日に日に、目が大きくとっても可愛い〜子になりました。そして、おてんばちゃんに。
「ルナは月」なのであなたは「テラ 地球」。よく名前を呼び間違えちゃいました。ルナおいで〜と言っても来るテラはとっても可愛い。
2才でヘルニアになり後脚が使えなくなっちゃってごめんね…。それでもテラは前脚だけで頑張ってた。よくご飯も食べてというより、くいしんぼう。私が食べている物は、テラも食べれると思ってたよね。1度食べた物は忘れない、すばらしい能力!!
お店(仕事場)にも何度か一緒に行き、お客様の所へ歩み寄り、なでなでしてもらいました。うれしかった。
毎日テラのお顔をながめ、毎日頭をなでて、毎日可愛いを連呼し、テラのとりこ。
虹の橋で、ルナが待ってるから一緒にいてください。二人で走ったり楽しく痛みもなくすごしてね。
大好きだよ!大大大〜大好き。ありがとう〜。

ARIA アリーア(長野県佐久市)

トワ、今までありがとう

私たちが結婚して、すぐに家族の一員として迎えたトワ。
幼い頃は、よくイタズラをそて困らせてくれました。
そんなトワも、私達の子供が生まれ育って行くなかで、時にお兄ちゃんであり、時には親がわりになって本当に家族を支えてくれました。
私達にとって君は大切な家族です。今まで共に生きてくれて、支えてくれて本当にありがとう。
晩年は病気で苦しそうだったから、やっとゆっくり休めているのかもしれないね。
別れは辛いけど、せめて安らかに眠る様にみんな祈ってる。
今まで本当にありがとう。

Y.A.(長野県箕輪町)