ココへ

2か月のクリスマスに家に来て、片手に乗るくらい小さかったココがだんだん大きくなって、山に登ったり、海に行ったり、牧場や川、お花畑にお買い物やひーくんのお迎えも、たくさん一緒に出掛けたね。
特にココは毎年夏に川で遊ぶのが好きだったよね。
これからももっともっと一緒に行きたい場所があったよ。
買い物の時、車でおるすばんしてると、車の周りに人だかりができてて何ごとかと思ったらココのこと見てて、みんな笑顔で話かけてくれてたね。
おじいちゃんも、動物が好きじゃなくて、最初ココにはたくさんひどい態度を取ったのにずっと辛抱して、今ではおじいちゃんとも仲良しだった。
ココすごいよ。みんなにいっぱい可愛がってもらったね。
ひーくんがお腹に来たのも分かって、産まれてから噛みもせずひーくんのお兄ちゃんになっていつも心配したり、一緒に見守ってくれてありがとう。
おばあちゃんやひーくんが転んだ時も、すぐにかけつけて心配してくれて寄り添ってくれて優しい子だった。
気が強くて、力持ちで、元気でわんぱくで、でも繊細で温厚でとっても優しくて愛情深くて、ママともひーくんとも顔も性格もそっくりだったココは、紛れもなくママの子どもで大切な家族だったよ。
いつも寂しかったママにずっと寄り添って、この9年と7か月一緒に過ごしてくれて心強くて何度も救われたよ。
あんまり遊んであげられなくてごめんね。
ココが大好きだったよ。
もっと一緒にいて、大事にしてあげたかったけど、ココがしんどいのは嫌だから、天国に行ってたくさん友達を作って、いっぱい走ってたくさん遊んで、たまにはママの所へ帰ってきてね。
ココ、愛してるよ。大好きだよ。
今まで本当にありがとうね。

匿名希望(長野県佐久市)