優しい子

性格が本当に優しい子で、泣いていたりすると近くに様子を伺いに来てくれるそんな子でした。
18才という高齢になってもそれは変わらずにいてくれました。
今から2、3年前ぐらいに当時小学校に通っていた甥が家に友達を連れて来て、大人が誰も家にいない家の中に友達をあげたくて、その当時はコユキの他にうめ吉というオスのチワワがもう一匹いました。
その子は気性が荒く子供によく吠えていたため、おやつで犬を誘い吠えればまたあげるの繰り返しをしていたようでした。
コユキも食べ過ぎて、私たちが夕方家に帰るとお腹はパンパンで、吐きたいけど吐けず便も出ず苦しくてもがいていました。
そのため夜間帯になる前に開いていた動物病院へ。
すると先生から衝撃的な一言が、「胃の中に食べ物が入りすぎていて、今すぐに出さないと死んでしまいます。手術して出すことができますが、高齢なため手術に耐えられるかやってみないと分かりませんがどうしますか」と注射して家に帰るつもりが、そんな話をされ「とにかくお願いします」と泣きながらお願いしました。
コユキの生命力と運にかけるしかありませんでした。
祈ること2時間、手術は無事成功。
その後元気になり、またご飯もたくさん食べられるようになりました。
それから、共に過ごしていたうめ吉が心臓病で先に亡くなり、寂しくて泣いている姿をコユキは見ていたようでした。
今までうめ吉がやっていた出かける前や帰ってきた時の玄関のお見送りやお出迎えをコユキがしてくれるようになりました。
コユキの方が2年も先輩なのに、元気に走り回って遊んでいた姿をたくさん見せてくれました。
しかし、今年の2月ぐらいに便がゆるく下痢が続き、大好きなご飯を食べなくなり元気がなかったため動物病院へ、するとかなり脱水になっており補液をすることに。
1週間に2回連れて行き、少し元気になり、でもまた下痢になるとご飯が食べられない。
初め連れて行った時は、このままご飯が食べられなければ5日で死んでしまうと言われてましたが、あの2月から最後の日7月10日まで本当に頑張ってくれました。
最後の日2日前には、私の祖父が亡くなり、お葬式の準備で家を空け、1人で留守番させてしまうことになりましたが、ちゃんと夜まで私が帰って来るのを待っていてくれました。
亡くなる当日の深夜も寝息を立てて寝ているのを確認し、私もつい寝てしまい、「ハッ」と朝4時半に目覚めコユキを見ると息をしていませんでした。
きっと私が見ている前では悲しむのが分かっていたから、私が寝てから静かに最後を迎えたかもしれません。
本当に最後まで私を守ってくれる優しい子でした。
今まで本当にありがとう。
幸せをたくさんありがとう。
何より家の子になってくれてありがとう。
またいつか会える日まで、虹の橋で待っていてね。z

匿名希望(長野県佐久穂町)

9年8か月

平成23年11月25日生 元気くん。
平成24年3月に我が家の家族の一員になりました。
おとなしい性格の元気くん。
翌年にはマイペースな奥さん(リボン)を迎え入れました。
3年後には子宝にも恵まれ5匹のお父さんに!!
綺麗な毛並みは子供にも受け継がれました。
その場にいるだけで癒され、元気を貰っていた。(名前の通り)
家族が出かける時は、送り出し、帰ってくれと迎えてくれました。
よく目を見つめて「どうしたの?」と聞かれているようで、くりくりの可愛い目で癒されていたのを思い出します。
我が家の大事な大事な家族!!
一生忘れないよ!!!
9年8か月ありがとう♡

ミヤ(長野県上田市)

ありがとう

一週間前よりも少し大きくなったね。
夜はよく寝て、朝は音を立てずに静かにご飯とミルクを待ってたね。偉い。
気に入らないご飯はすぐ捨てて、好きなご飯はすぐに口に詰め込んでたね。
ミルクとナッツが大好物だったね。
いつも駆け寄って来てくれて、指を舐めたり、ご飯と間違えて噛んで来たりしてたね。
甘えん坊さんでした。
黄色い花が似合う、可愛い素直な子でした。
短い時間だったけど、たくさん幸せと笑顔をくれました。
私のところに来てくれてありがとう。
大好きだよ。

中原(長野県佐久市)

我が家のアイドルでありがとう!

去年10月初旬、仲良しだったサム君が心臓発作で突然他界しました。
ちいちゃんは一時サム君を探すようなことをしているように見えて少し寂しいのかなと思い、サム君の分までちいちゃんに愛情を注ぎました。
そうしているうちに、ちいちゃんの便が極端に細い時があるようになり、排便も大変そうになってきました。
10月末に動物病院で内視鏡検査を受けました。
結果は大腸に悪性腫瘍が(大腸ガン)が広がっていることが判明。
お父さん、お母さん、お兄ちゃん皆愕然としてしまいました。
抗がん剤、ステロイド、止血剤、軟便剤、鎮痛剤などたくさんの薬を無理やり飲まされる日が続きました。
ちいちゃんはそれにもよく耐え、病院の先生が驚くほど長く頑張ってくれました。
長く辛い日々をあの小さな体でよく耐えてくれたと感謝しています。
本当に本当にありがとう。
サム君もちいちゃんも本当に聞きわけの良い子でしたね。
可愛い子でしたね。
ドライブも大好き、散歩も楽しく頑張りました。
サム君を追うようにちいちゃんもいなくなり、お父さん、お母さん、お兄ちゃん皆淋しくてたまりません。
たくさんの楽しかったことが思い出さられます。
可愛かったことも次々に思い出されます。
皆ちいちゃんサム君のことを忘れることができません。
あの世では、サム君がちいちゃんを待っていると思います。
仲良く暮らしてね。

長い間戌年の毅くんがたくさんの薬を上手に飲ませ、最後には酸素室におとなしく入り、本当に本当に頑張って頑張って…我が家のアイドルでありがとう!
あの世でサムとバニーが待ってるからネ。
皆によろしく!
ちいは最後までお母さんのワンコだったよネ!

お父さん・お母さん(長野県小諸市)