軽井沢町の熊野皇大神社で健康祈願の肉球スタンプ

軽井沢町の北東部、旧碓氷峠の峠町にある熊野皇大神社では戌年にちなんで肉球スタンプで愛犬の健康祈願ができるようです。

「肉球スタンプで愛犬の健康祈願 軽井沢、熊野皇大神社」(信濃毎日新聞)

「家族とペットが一緒に健康な年を過ごせるように」との思いを込めた。
 色紙は縦13・5センチ、横12センチ。同神社のはんこを押し、「健康祈願」の文字なども印刷した。犬などの足の裏に食紅を付けてスタンプのように押し当てる。1回千円。

普通のスタンプ代を使うのではなく食紅でスタンプというのも配慮されてますね。
一般的には境内にペットを連れてはってもいいのかなあと心配もしますが、こういう企画で愛犬と一緒にお参りというのも定着するかもしれません。
我が家の愛犬も先日7才になりました。ぜひ肉球スタンプと健康祈願にうかがおうかと考えてます。
なお、この企画は通年で行われているそうです。
日本武尊と八咫烏によって導かれたという碓氷峠にまつわる由緒正しき神社です。
愛犬へのご利益も確かではないでしょうか。

来年は戌年ですね

2018年は戌年です。
犬好きの方の年賀状には愛犬の姿があるのではないでしょうか。
でも、なぜ干支に猫はないのでしょうか?
調べてみるとネズミにだまされたというおもしろい民話があることが分かります。(「干支情報サイト」

昔々の大昔のある年の暮れのこと、神様が動物たちにお触れを出したそうな。
「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。一番早く来た者から十二番目の者までは、順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしてやろう」
動物たちは、おらが一番とて、めいめいが気張って元日が来るのを待っておった。ところが猫は神様のところにいつ行くのか忘れてしまったので、ねずみに訊くと、ねずみはわざと一日遅れの日を教えてやった。猫はねずみが言うのを間に受けて、喜んで帰っていったと。
さて元日になると、牛は「おらは歩くのが遅いだで、一足早く出かけるべ」とて夜のうちから支度をし、まだ暗いのに出発した。牛小屋の天井でこれを見ていたねずみは、ぽんと牛の背中に飛び乗った。そんなこととは知らず、牛が神様の御殿に近付いてみると、まだ誰も来ていない。
我こそ一番と喜んで待つうちに門が開いた。とたんに牛の背中からねずみが飛び降り、ちょろちょろっと走って一番になってしまった。それで牛は二番、それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順で着いた。猫は一日遅れで行ったものだから番外で仲間に入れなかった。
それでねずみを恨んで、今でもねずみを追い回すのだそうな。

ねずみは堂々の一番手。
ネコちゃんには残念ですが、他の国では猫が干支に入っているところもあるそうですよ。よかったですね。(「【知ってる?】”ねこ年”もある、海外の十二支」
チベット、タイ、ベラルーシ、ベトナム、ブルガリア
ネコちゃんを大切にしてくれる国なのでしょうか。

さて、戌年は「dog year」とも呼ばれます。
IT関連技術が革新的に進展する年ということらしいです。
でもワンコとの関係はますます楽しく、穏やかなままな新年になるのがいいですよね。

長野県はペットと旅行したい先で全国3位

アイペット損害保険会社が8月に行ったアンケートで、長野県はペットと一緒に行ってみたい旅先の第3位だったそうです。(「飼い主に聞きました!ペットと行きたい旅先は?」

1位 北海道
2位 沖縄県
3位 長野県
4位 神奈川県
5位 栃木県

3位は長野県で、紅葉が美しい軽井沢や八ヶ岳など。4位は箱根がある神奈川県、5位は那須高原のある栃木県だった。

1位、2位は自然を満喫できる旅行先なので、長野県もそういう観点でしょうか。
北海道や沖縄へは飛行機を利用しなければならないはずですが、それでも一緒に旅したい。素敵な旅行を一緒に感じたいという気持ちは高いんですね。

まさにそんなニーズに応えたかのようにJALが発表してました。
「JAL、愛犬と一緒に沖縄 3月にワンワンJET第2弾」
以前このスタッフブログでもご紹介していた、飛行機の客室で一緒にフライトできるツアーがまた行われるそうです。

また、アイペット損害保険会社が3月に行ったアンケートでも旅行は愛犬、愛猫と一緒に楽しみたいという結果だったそうです。

ゴールデンウィーク中に出かける予定があると答えた飼い主は57.5%。出かける予定があると答えた人のうち、64.8%が、出かける(または、出かけたい)先に、「ペットと泊まれる宿」をあげた。「せっかく出かけるなら、ペットと一緒に泊まりがけで」という意欲が飼い主の間には強いことが浮き彫りになった形だ。

そしてペットと一緒に過ごせるなら多少費用がかかってもいいという考え。

「宿泊料金、費用が高くなったとしても、ペットと一緒にお出かけをしたいか」との質問には、78.9%が「出かけたい」と回答。同社では「ぺットオーナーの不安を解消するサービスや商品の開発、ペットと一緒に利用できる施設の増加が望まれている」と分析している。

軽井沢をワンコ連れで散策されている方はよく見ますし、近年軽井沢ではペットと泊まれる宿泊施設も増えているそうなので、このアンケート結果はうなずけます。

長野県喬木村の図書館ネコ館長

信濃毎日新聞の記事です。
「本に親しむニャン ネコ館長カレンダー 椋鳩十記念図書館」

ネコ駅長は国内に数か所あるの知ってますが、図書館のネコ館長というのもあるんですね。

下伊那郡喬木村の椋鳩十記念図書館が、同館の「ネコ館長」を務めている雄猫「ムクニャン」のカレンダーを初めて作った。

カレンダーの写真を見ると手作り感あふれるというか手作りなんでしょうね。
でも、本を借りてもらえるスタンプをためてプレゼントされるので、図書館の利用促進にもなりそうでいいんじゃないでしょうか。

2016年4月に就任したこのネコ館長ムクニャンは椋鳩十さんの生まれ変わり?

ムクニャンが同館に迷い込んでからもうすぐ2年。村出身の児童文学者椋鳩十さん(1905〜87年)が生まれた1月22日に保護された不思議な縁のこの猫は、いまや姿を現すと人の輪ができる人気者だ。人懐っこい性格で、来客があると時には「にゃあ」とお出迎え。ネコ館長の務めを「立派に」果たしている。

図書館のFacebookページ(https://www.facebook.com/takagi.mukutosyo/)にはネコ館長の写真や動画がいっぱい。
ムクニャンは、夜間は記念図書館長宅に帰り、朝に記念図書館長とともに出勤してるそうです。
館内を歩き回るネコ館長のいる図書館。いい雰囲気ですね。

佐久市 平尾山公園ドッグラン

平尾山公園(https://www.saku-parada.jp/g-about/g-hiraoyama/)は、上信越道自動車道の佐久平PAであるハイウェイオアシス「パラダ」の施設です。
そのなかに約2,000㎡の無料のドッグランがあります。
パラダは冬期にスキー場にもなる施設なので、ドッグランも斜面にありますからワンちゃんには運動になりそう。
大型犬用と小型犬用のふたつのエリアに分かれています。それぞれ広さは十分。
水道はひとつ完備。なかよく使いましょう。
冬に訪れてみたので、写真のように落ち葉がある風景ですが、林の中なので夏は日射しが遮られてワンちゃんも気持ちよく遊べるのではないでしょうか。
スキー場が隣接してますが、南向きの斜面だし、それほど雪が積もる地域ではないので冬本番でも雪の無い状態が多いのではないかと思われます。

ドッグランに隣接してアスレチック広場があり、ドッグランの下には日帰り温泉施設やレストランも。佐久平PAに車を駐車してひと休みしながら愛犬はドッグランでということももちろんできます。
高速利用者にも佐久市周辺の住民にも利用しやすいドッグランではないでしょうか。

佐久市 平尾山公園ドッグラン 小型犬用佐久市 平尾山公園ドッグラン 大型犬用佐久市 平尾山公園ドッグラン 大型犬用佐久市 平尾山公園ドッグラン 小型犬用佐久市 平尾山公園ドッグラン 案内板