柴犬と長野県

今や世界的にも人気の犬種である柴犬には長野県が大きく係わっていたようです。

「柴犬のルーツに出会う旅(1)絶滅した石州犬『石』 故郷で再び注目」
「柴犬のルーツに出会う旅(2)系統図の頂点に立つ「強運の犬」」
「柴犬のルーツに出会う旅(3完)“柴の祖犬”の郷里に広がる日本の原風景」

まず柴犬のルーツとされているのは、島根県の石州犬の一頭である「石」という名前がつけらた犬だったそうです。

島根県西部・石見(いわみ)地方の地犬である「石州(せきしゅう)犬」の石(いし)号だ。

その「石」と四国の黒い『コロ』とのあいだに生まれたのが「アカ」
「アカ」の孫が「中」

戦後はアカの孫の『中(なか)』が、信州を舞台に名種犬として活躍。長野県ではその当時、既に地犬がほぼ絶滅していて、『中』と他地域から移入した優秀な犬をかけ合わせて柴の繁殖を盛んに行った。これらが固定された「信州柴」が、現在の柴の系統の主流になっている。

信州柴とは。

柴犬と呼ばれる由来には、いくつか説があります。 野山に自生する低木の総称が柴であったこと、そこが彼らの活動拠点であり、毛色も枯れた柴に似ていたため、柴犬となった。 信州の柴村で多く飼われていた。「柴犬辞典 柴犬の特徴~体・性格・しつけ」より

柴村というのがかつて埴科郡に存在していたそうですが、この説がその通りであれば長野市の松代町ということになりますね。
いずれにせよ信州長野県が柴犬に貢献していたのは事実のようですから、長野県民とするとますます柴犬に愛着を感じてしまいます。

ところでその石州犬は残念ながら病気などで昭和40年代に絶滅したそうです。
柴犬よりも精悍な顔で、猟犬として飼われていたとのこと。

野鳥と餌台で触れある

自然が豊かな長野県、いろんな野生動物が身近にいますが、そのなかでも一番近くにいるのは野鳥ではないでしょうか。
我が家ではそんな野鳥のために餌台を用意して、朝ヒマワリの種を置いてあげてます。
置いて離れたとたんに、シジュウカラやヤマガラが待ってたと言わんばかりにすぐに駆けつけ種を持って行きます。
何羽が常連さんなのか分かりませんが、自分の巣との間を往復。
近くの枝に止まってすぐに実を割って食べているものがいたり、先に餌台に止まっているライバルを蹴散らしているのもいます。
観察していると、シジュウカラもヤマガラもだいたい2羽で行動しているように見えます。
ネットで調べてみるといずれもつがいになると仲良く暮らしているようで微笑ましい。

さてそんな楽しさを感じさせてくれる餌台ですが、日本野鳥の会のホームページによると、野鳥の食べ物が少なくなる秋から冬にかけてだけにするようにとのこと。
春から夏は、動物性の餌を食べさせるべきなんだそうです。

野鳥の多くは動物質を食べ、特に春から夏の子育て期間、小鳥の多くは虫を主食にしています。
自然界に食物が豊富な春~夏にかけては餌台を置くのは控えてください。

そういう気遣いも必要ですね。

冬に気をつけたい犬の防寒着

12月に入りまだ暖かい日もありますが、いよいよこの週末から本格的な寒さになるようです。
軽井沢の週間予報を見ると雪マークも。

寒さ対策として愛犬にも服を着せることもあるでしょう。
調べてみました。
次のホームページを参考にしてます。
「寒い日だって快適に!室内外別、犬の防寒対策【獣医師が解説】」(ワンペディア)
「寒い冬。犬に洋服って着せるべき?」(ニッポン放送)
「犬の散歩時に冬服・防寒着は必要?皮膚の乾燥対策は?犬と過ごす冬の寒さ対策」(ポチの幸せ)

まずどんなワンコに必要かです。
寒い国のワンコは寒さに強いのでいらないわけですが他のポイントは下記。

・犬の原産国が暖かい国(メキシコ原産のチワワなど)
・毛が短い犬種(フレンチブルドック、ボストンテリアなど)
・シングルコート(トイプードル、マルチーズ、パピヨン、ヨークシャテリアなど)
・子犬、病中病後の犬、高齢犬

毛が短い犬種は当然暑さ寒さに弱いと分かりますが、単純に毛がフサフサしてるから寒さには強いだろうと判断してはいけませんね。
健康に不安のある子にも防寒対策で服を着せてあげましょう。
個体差もありますので、いずれにせよ寒がってないかよく観察することが必要です。

耳や肉球への注意も必要です。

イタリアン・グレーハウンドは、寒さによって耳が凍傷になることが少なくありません。冬の散歩には、耳をすっぽり覆えるスヌードもマストアイテムのひとつ。

肉球もまた非常に乾燥に弱く、特に冬場などには、ちょっとした衝撃でヒビが入ってしまうこともあります。
乾燥対策としては、湿度を保つため、加湿器や保湿オイル・クリームなどを使うことが挙げられます。

冬の到来。必要にあわせて防寒着着せ、愛犬と快適に過ごしましょう。

長野県安曇野市の動物病院

長野県安曇野市で開業している動物病院を整理してみましたのでご活用ください。
下記参考に、診療内容などはそれぞれの動物病院にお問い合わせください。

あずみの動物病院
http://azumino-ah.com/
安曇野市豊科4311-1
0263-87-3095

おおにし動物病院
http://www.ohnishi-ah.com/
安曇野市穂高北穂高2177-1
0263-84-0321

おくはら動物病院
http://www17.plala.or.jp/applevet/
安曇野市三郷温2636-1
0263-76-3050

熊井動物病院
安曇野市豊科2566-5
0263-73-3457

とよしなインター動物病院
安曇野市豊科高家3770-51
0263-50-6204

福沢獣医科医院
安曇野市三郷温857-40
0263-77-6632

三沢動物病院
安曇野市穂高865-10
0263-82-8643

やまびこ動物病院
http://www.yamabiko-ah.jp/
安曇野市三郷明盛5040-1
0263-77-1200

リーフ動物病院
https://leaf-animal-hospital.jp/
安曇野市穂高有明10288-6
0263-31-3035