モカありがとう

モカありがとう。
つらかったけど、安らかに眠ってね。
玄関のドアの所に、車の音を聞くといつもかけよってきて外に出たがったね。抱っこして外に出ると、心臓がいつもバクバクしてキョロキョロしながらみていたね。
これからは自由に走り回ってね。

匿名希望(長野県佐久市)

ペットと泊まれる草津温泉の宿

10連休も終わり、各地の観光地はもとの日常に戻ったのではないでしょうか。
混んでない時に愛犬や愛猫と落ちついて旅行なんていいですね。
今回調べてみたのは、草津温泉。言わずと知れた名湯。
長野県の例えば軽井沢町からは小一時間という距離なので、旅行のコースも魅力的なものにすることもできるでしょう。
人間はドライブを楽しみ、温泉でリラックス。
ペットも一緒に行動することで相互の愛情はより深まるはずです。

さてペットと泊まれる草津温泉の宿については下記それぞれのホームページを参考にご覧下さい。

「草津温泉のペットと泊まれる宿おすすめ5選 大型犬OKの宿など特徴別に紹介」
「ペットと草津で一緒に泊まれる宿14選!日本三名泉に愛犬と宿泊!」

さらにペットも入浴できる宿もありました。

ワンちゃん専用の温泉がある「大東舘」(https://www.daitokan.co.jp/)
ペット専用バスがある「音雅」(http://onga.co.jp/)

詳しくはそれぞれの宿に直接ご確認下さい。
それと、草津温泉は硫黄の成分が強い温泉なので落ちている湯の花などを舐めたりしないように気をつけることは必要かと思います。

白樺湖でワンコと一緒にカヌー体験

白樺湖のカヌーツアーは愛犬と一緒に楽しむことができるそうです。

「ワンちゃんと一緒カヌーツアー2時間コース」

主催しているのは、長野県茅野市の「八ヶ岳アドベンチャーツアーズ」(https://www.yatsugatakeadventure.com/)

白樺湖は標高1450mの避暑地にある、とても穏やかな湖です。
3歳からご年配の方まで初心者の方が安心してカヌーなどウォーターアクテビティを楽しむことができます。
カヌー体験は誰もが安全に雄大な自然と触れ合うことができる最高の遊びです。
経験豊かながガイドスタッフが、白樺湖の見所をご案内いたします。

白樺湖で、カヌーや“ステップサップ”というサーフボードのようなものの上に乗って足漕ぎするアクティビティーを楽しめるようです。
白樺湖と言えば、
標高が高いところにある湖です。清々しい空気と景色のなかで愛犬とスポーツ・アクティビティーを楽しめるなんてワンコの経験としてもおもしろいうのではないでしょうか。
写真を見るとワンコ用の救命胴衣もあるようなので安心です。

さて、そのカヌーツナーは涼しい白樺湖ですから当然夏季限定。
タンデムという2人乗りのカヤックを使います。
愛犬分の料金もかかるのは仕方ないですね。
愛犬と2人で素敵な体験をしてみましょう。
うちのワンコは湖の上でブルブル震えちゃうかなあ。

佐久市の地域猫活動に関するクラウドファンディングを実施

佐久市では、「住民主体により地域住民の合意と協力の下で飼い主のいない猫を適正に飼養・管理し、頭数を増やさず、地域の問題として解決を目指す」地域猫活動を推進していく上でクラウドファンディングを実施し、寄付されたお金を活用していくそうです。

「【第2弾】みんなの力で守れる猫の命がある~人と動物が共生できる社会を目指して~」(https://www.furusato-tax.jp/gcf/538)

佐久市では、動物の愛護及び管理に関する法律の主旨である「人と動物が共生できる社会」の実現を図るため、平成24年度から飼い猫を対象として不妊去勢手術費の補助を開始しました。
平成27年度からは「地域猫活動」を推進するため、補助対象を飼い主のいない猫へ広げ、年間約400頭の猫に対して繁殖制限手術費用の一部を補助し、飼い主のいない猫の増加防止を図ってまいりました。
私たちは、引き続き「人と動物が共生できる佐久市」の実現を目指し、地域猫活動を推進していきます。

平成24年度からの殺処分数のグラフを見るとかなり減ってきているようです。
活動の成果でしょうか。
地域によっては住民がボランティアで地域猫活動をしていると聞きますが、佐久市では自治体から力を入れているようですね。

地域猫活動とは、住民主体により地域住民の合意と協力の下で飼い主のいない猫を適正に飼養・管理し、頭数を増やさず、地域の問題として解決を目指す活動のことです。

このクラウドファンディングへの寄付は佐久市の市民以外でも協力する事ができます。

地域猫活動を推進するための費用として活用
・猫繁殖制限手術費補助事業
・啓発活動にかかる経費
・地域猫活動の推進を図るために必要な経費等
※目標金額に達しなかった場合でも、地域猫活動を推進するための費用として活用させていただきます。また、寄附金の執行状況により、佐久市地域猫活動支援基金へ積立を行い、翌年度以降に活用させていただきます。

佐久市の市民以外の場合には返礼品をいただくことができます。
猫ちゃんとの共生のための活動でありクラウドファンディングではないでしょうか。

小諸市懐古園で見頃の桜とフンボルトペンギンの赤ちゃん

小諸市の懐古園では桜が見頃を迎えているようです。
小諸城址懐古園は長野県の東信地方では有名な桜の名所でもありますよね。
日本さくら名所100選にも選ばれている所のようです。
「ソメイヨシノをはじめ、シダレザクラやヒガンザクラ、八重で濃い紅色の花を咲かせる小諸特有の小諸八重紅枝垂れ桜など、約500本」

さて、その懐古園に併設されているのが小諸市動物園
現在50種類の動物が飼育されています。
先日も少しご紹介しましたが、そのなかで今注目なのがフンボルトペンギンの赤ちゃん。
3月10日に生まれて1か月ちょっとです。
今日のTwitterを見るとお父さんお母さんと一緒に歩いている写真。赤ちゃんには見えないくらいに育っているようです。

「フンボルトペンギン【特徴・生態】」によると、成鳥になるまでには2年かかるそうです。

ヒナは、頭部から背中にかけて茶色、腹部は白色。ヒナの斑紋は、巣立ち時には成鳥と異なるが、換羽を繰り返すことにより次第に成鳥のものに近づいていく。2年以上かかる。

大きくなってもまだまだ赤ちゃんだということですね。
この週末、懐古園の桜を楽しんで、フンボルトペンギンの赤ちゃんにも癒されてください。