生きる力を見せてくれてありがとう

亡き兄の愛猫を引き取って約2ヶ月。
すでに20歳を超えていたので、少し認知症も入り正直なところあまり長くはないと思っていました。
それでも生きようとするパンちゃんは、たくましく我が家の先住猫も敬意を表しているようでした。
そんな中、パンちゃんより少し先に急逝した先住猫のしま
そしてその3日後には、後を追うように亡くなったパンちゃん。
私としては少しショックなことが続いたけれど、今は皆再会していることを想像すると、胸のつかえが取れ安心する。
またいつか逢えるでしょう。
パンちゃんしまをよろしく!

モリビト(長野県軽井沢町)

庭猫から家猫へ

2020年春、どこからともなくやってきたシマシマのしまが庭に居ついて半年。
初秋の9月、そろそろ家に入れてほしいと訴えるしまを迎えることにした。
まずは健康診断をしたら、猫エイズキャリアと慢性腎臓病と判明。
短命の予感はしたけれど、先住猫にいつも怒られながらも、人懐こく天然なしまは孫うけ抜群な家猫になったね。
亡くなる1週間前に急に具合が悪くなったしま。
日一日弱っていく姿は辛く悲しかったけど、その間も時々大好きな庭で横になり、その穏やかな表情は最後なくなるまで変わらなかった。
家猫になって1年7ヶ月。
短かかったけど、良い時を共に過ごしました。
しまちゃん、ピンピンコロリお見事でした。

モリビト(長野県軽井沢町)

長い間楽しませてくれて、有難う!

熊の赤ちゃんの様だったわね。
bom boo有難う!
貴女がいてくれて楽しかったわ!
たみちゃん、ももちゃん!ジャッキー、TSと仲良く遊んで下さい!
痛い痛いが無くなって楽になったわね。
長い間ご苦労様でした。
幸せだったわ!
頭の良い bom booへ。

JackiとTJとKoaと楽しくボールの取りっこしてネ。
後の子達もしっかり見守ってあげてネ。

大好きなブーちゃん、沢山の思い出ありがとう。
いつまでも忘れないわね。
ブーちゃんも忘れないでね。
さようなら

Always jumping & happy Boo!
Will miss you♡

山崎(長野県軽井沢町)