ひなちゃん、けだまちゃん、ありがとう。

ひなちゃんと暮らし始めて3か月を過ぎた頃、けだまちゃんが仲間入りしました。
6か月しか年齢の違わない2羽は、ライバル同士で、生まれつき飛ぶことのできないけだまちゃんの方が気が強く、先輩のひなちゃんは譲ってあげることが多く、とても優しい子でした。
寄れば喧嘩をすることが多かったですが、家の中を探検するときはいつもひなちゃんの後を追い、けだまがついて行き、ひなちゃんが高い所へ行ってしまうと、何度も鳴いて呼ぶ風景を想い出します。
今年の7月8日にけだまちゃん、3か月後の10月14日にひなちゃんが虹の橋を渡っていきましたが、2羽とも万ペットサービス様にお世話になり、少しずつ心の整理をしていきたいと思います。
2羽とも美人さんで、本当に可愛かったよ。
家族全員お礼と感謝の気持ちでいっぱいです。
たくさん笑顔にさせてくれてありがとう。
2羽とも大好きだよ!!

高橋(長野県佐久市)

一緒に過ごした時間

縁があって出会えました。
こんなに小さくて生きられるのかと思いました。
元気に生きてくれました。
一緒に歌をうたってくれて、「ごはん」「食べる」など言葉も話してくれました。
10年しか生きられなかった、10年も生きてくれた。
あまりにも突然で、なんで、なんで、なんで!
最後はトリマーのお姉さんがきれいにして下さり、生きている時のまま、寝ているようで。
もう抱っこできないのね。
10年間ありがとう!

ラムのママ(長野県佐久市)

7月10日

5年前の7月10日道の端っこで一人ぼっちでいる子猫を見つけ、車から降りて見ると鼻も目もぐしゃぐしゃ。
このままじゃ朝までにカラスに食べられてしまうと思い、後先考えず我が家に連れて帰りました。
病院で目の手術をしてもらうって片目猫になっちゃったけど、それからは元気すぎるほどおてんばになっていつも怒られてたね。
野良だけど人のことが大好きで、誰にでもすりすりしてたね。
抱っこはお父さんと弟にしかさせなかったけど…。
4年前くらいから腎臓病が悪化して、お父さんと病院通いよく頑張りました。
1週間前にはベランダから脱走。
家族は気が気じゃなかったけど、ずっと外に出るのが夢だったのかな。
ちゃんと無事に戻ってきてくれて本当によかった。
わかめとの思い出は本当にたくさんありすぎて…。
ほとんどが笑っちゃうようなことばかり。
我が家にとって初めての猫がわかめ。
猫の可愛さ面白さをたくさん教えてくれてありがとう。
我が家にとってわかめは本当に特別です。
もっと長く一緒にいたかったけど…濃密な幸せな時間をありがとう。

やまさん(長野県佐久市)

ありがとう

一週間前よりも少し大きくなったね。
夜はよく寝て、朝は音を立てずに静かにご飯とミルクを待ってたね。偉い。
気に入らないご飯はすぐ捨てて、好きなご飯はすぐに口に詰め込んでたね。
ミルクとナッツが大好物だったね。
いつも駆け寄って来てくれて、指を舐めたり、ご飯と間違えて噛んで来たりしてたね。
甘えん坊さんでした。
黄色い花が似合う、可愛い素直な子でした。
短い時間だったけど、たくさん幸せと笑顔をくれました。
私のところに来てくれてありがとう。
大好きだよ。

中原(長野県佐久市)

ずーーっとアイシテルヨ

そらちゃんは一週間前、うずらの四十九日目に逝ってしまった。
爺ちゃんこだったうーちゃんが、爺ちゃんの跡を追いかけるようにしていなくなってからずっと二人で寂しさを乗り越えていたのに。
うーちゃんが18歳。そらちゃんは20歳。
仕方ないね。歳には勝てなかった…。
一週間たってやっと、この子達の居ない事に慣れてきたよ。
そらちゃんは男の子で、去勢したら8,6㌔の巨体になった。
とても甘えたさんで、いつも私にくっついていた。
そのくせ抱っこは苦手で、人間を座布団にするのは得意で。
私がキッチンにいれば忍び足で寄ってきて、静か〜に足元に座っているから何度も尻尾を踏んでしまう。
その度にギャアってお腹ゆらしながら走り去り、どっかの家政婦みたいに扉の外から覗いてて。
忘れ!られないよあの顔。今でも鮮明に浮かぶ。
玄関を開けた時のトラックが突進してくるようなお迎えとか。
御飯の催促の大騒ぎ。
トイレのあとのハイテンション。
窓辺でうーちゃんと卍になって日向ぼっこ。
尻尾の付け根をボンボンすると気持ちよくなって、私の手を口と手で掴んでからの猫キック10連発。
毎日笑わせてもらったり、ホッコリしたり。
生キズが絶えなかったり。
家のどこを見ても姿が浮かんでくる。
可愛かったな〜ふたりとも 今は思い出してボーッとするばかり。
毛むくじゃらの子どもたち、無事にあっちで会えるといいな。
うちの家族になってくれてありがとう。
生まれてきてくれてありがとう。
生まれ変わったらまた家においで。
ずーーーっとアイシテルヨ

まめ(長野県佐久市)