猫の寝相には意味がある

なんて格好して寝てるの!なんて驚くこともある猫の寝相ですが、ちゃんと意味があるそうですよ。

まずは気温との関係。
これからの時期冬に向かい気温が下がって行きますが、寒いと丸まって表面積を狭くし、体温を逃がさないようにする。
そして家族がいると一緒に抱き合って暖を取り合う。
かわいいと思ってみてますが、寒いからということがあるんですね。
逆に暑いと、お腹を上にするなどして熱を逃がそう、身体を冷やそうとして大胆な格好になるわけです。

もちろん、気温との関係だけではなくリラックスしているか警戒しているかというメンタル面が現れている寝相もあります。
丸くなっているということは何か危険が迫った時には急には動けないということなので安心してリラックスしている。
すぐに動けるような体制なら警戒を怠ってないということだそうです。
前足の足裏が上を向いているか、それとも床に接しているかということでも分かります。

愛猫はどうでしょうか? 観察してみて下さい。

参考:
「猫の寝相ってかわいいけれど少し不思議。そんな格好で寝ている理由」
「寝相・寝姿からわかる猫の気持ち」