猫ちゃんも自分の名前をわかってるという研究結果がありました

NHKのニュースが目にとまりました。
「“ネコは自分の名前を聞き分けている” 最新の研究結果」

上智大学などの研究グループの実験で、ネコは自分の名前とほかの一般的な単語を聞き分けていると結論づけることができるとのことです。
飼い主の声だけではなくそれ以外の人の声でも自分の名前を聞き分けたそうですよ。
自分の名前を呼ばれて「にゃー」と返事するニャンコちゃんもたしかにいますよね。
自分の名前をわかっているのは、ワンコだけじゃないんです。

ただし、餌をもらったりなでられたりする行為と結び付けていると見られ、名前という概念を理解しているかまでは分からないということです。

研究はまだまだのようです。

上智大学のホームページにはもう少し詳しく出てました。
「ネコは自分の名前を聞き分ける~ヒトの発する「自分の名前」と「他の名詞」や「同居ネコの名前」を区別する能力を実験的に証明~」

同居するネコ(同居ネコ)の名前を聞き分けているそうですが、ネコカフェでの実験では良い結果が得られなかったそうです。
同居する猫が多ければ仕方ないでしょうね。

本研究の結果から、これまでの研究で分かっていたイヌ、チンパンジー、イルカやヨウムに加え、ネコがヒトの音声内容を区別する能力があることが示されました。ネコのこの能力は、特別な訓練の結果得られたものではなく、ヒトとの日常的な関わりの中で獲得されたものであるといえます。ネコが人間にとって重要なパートナーとなる中、ネコのヒトとのコミュニケーション能力の理解は、ヒトとネコ双方の福祉の向上に重要になってきており、本研究の成果はそこに貢献をするものです。

確かに猫は大切な人間のパートナーです。
これからもニャンコちゃんとのコミュニケーションについて研究が進んでいくのではないでしょうか。
期待しましょう。