映画『ねこあつめの家』でますます猫人気が高まりそう

『ねこあつめの家』という映画が公開されました。
題名からして猫好きは気になってしまいますね。

主演は、伊藤淳史さん。その他の出演者は、木村多江さん、忽那汐里さん、大久保佳代子さん、田口トモロヲさんと、キャストからして癒し系?

もちろん猫ちゃんたちも出演してます。キャストではなく“ニャスト”の猫ちゃんたちはこちら。でも、ニャストの特技を見ると「ゴロゴロするのが得意」ばかり。どんな演技を見せてくれるのでしょうか。
出演した猫ちゃんへのインタビュー記事がありました。
「映画『ねこあつめの家』出演猫・シナモンちゃんとドロップちゃんにインタビュー! 悶絶級のかわゆさ」

映画のストーリーはこちら。
「若くして新人賞を受賞し、一躍人気作家となった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。現在は大スランプ中で、ヒマに任せてエゴサーチをしては、さらにドツボにハマる毎日。担当編集者のミチル(忽那汐里)は、そんな佐久本を励ますが、若さあふれる熱血アドバイスは、逆に佐久本には苦しいだけだった。ある夜、不思議な占い師から予言を受け、おかしな不動産屋(大久保佳代子)の勧めで、佐久本は、多古町という片田舎の古民家に逃げるように移り住む。しかし、場所は変われど暮らしは変わらず、生活は下降線をたどる一方。編集長の浅草(田口トモロヲ)には、見放されたようだ。途方に暮れて縁側で庭を眺めていると、猫がふらりとやってくる。しばし見つめあう一人と一匹…。しかし、ほどなくして、猫は庭から出て行ってしまう。猫にも見捨てられたと落ち込むが佐久本だったが、どうしても猫が気になり、 ペットショップの店主・寺内(木村多江)からアドバイスを受けて庭作りを始める…。こうして、若き小説家の「ねこあつめ」の生活が始まった―。」

伊藤淳史さんが猫ちゃんたちとどんな生活を繰り広げるのか、スランプらから猫の手を借りて脱出できるのか?
ちなみに、伊藤淳史さんはワンコを飼っているそうですが、ニャンコへの認識が違って好きになっちゃったそうです。
「猫は自分から人間に近づいてこないイメージがありました。犬は自分から行くとガッと来ますが、猫の場合は追うと逃げるというか。一緒に住んでいてもそれぞれに生活があるようなイメージがあったのですが、でも実際に猫と一緒に撮影してみると全然ちがいましたね。今回撮影した猫たちが優秀っていうのもあると思うんですけど(笑)すごい来てくれるし、甘えてくるし。」(https://tonarineko.com/post-6274

予告編(https://www.youtube.com/watch?v=_lDMdzwMm6c&feature=youtu.be)を見ると大久保さんの怪演も気になります。

ますます猫ファンが増えそうですね。
ところが、長野県内での上映館はないようです。
残念だニャン!