ネコの寿命が大幅に伸びることになるそうです

ネコが亡くなる原因のトップは腎不全だそうです。
でもその腎不全がなぜ起こるのか分からなかったようですが、東京大学の宮崎徹教授(疾患生命科学)らの研究チームが解明したというニュースが毎日新聞などで流れています。

腎臓は、血液中の老廃物を尿として排出する役割がある。腎不全はこの機能が働かない状態のことで、尿の通り道となる管内の細胞が死んではがれ、ごみとなって塞いでしまうことが原因となる。猫の場合は5~6歳で急性の腎不全になることが多く、そのうち5~7割が改善せずに、慢性腎不全のため15歳程度で死ぬという。

人やマウスでは、急性の腎不全になった場合、血液中に固まって浮遊しているたんぱく質「AIM」が活性化し、ごみの排除に関わって腎機能を改善させるが、猫の場合は、AIMが急性腎不全になっても働かないことを研究チームは発見した。このたんぱく質の働きを利用した薬の開発が進められており、猫だけでなく人への応用も期待される。

あとは薬を開発すればいいので、あと数年もすればその薬を使用できるようになるようですよ。
かわいいネコちゃんとすごせる時間が増えますね。