ストレスが愛犬に影響を与えているそうです

長い期間人類の友としてつきあってくれている犬だからでしょうか、最近の研究結果で、あなたのストレスが愛犬にうつることが分かったそうです。
気分が落ち込んだ時に脇にいてくれるだけで癒されるワンコですが、その気分を察して吸収してくれるということなのでしょうか。

「飼い主のストレスは愛犬にうつる、研究」

毛に含まれる物質を調べて分かったそうです。

論文によれば、イヌが不安を感じていても、それによって飼い主が不安になるという証拠は見つからなかったという。逆に、イヌは飼い主の体臭や、同じ場所を歩き回る、爪を噛む、過敏になるといった行動の違いなど、かすかな変化に気付いていたらしい。

人を観察して、何か普段との違いを察知するんでしょうね。
常日頃、よく見てくれているなとは思ってましたが、愛おしい人類の友です。
逆に犬のストレスが人に影響するという結果は得られなかったそうです。

イヌは人間を理解するのが大の得意です」と、論文の著者でスウェーデン、リンショーピング大学の動物学者であるリナ・ロス氏は話す。「私たち人間がイヌを理解するよりも、イヌのほうが人間のことを断然よく理解しているのです」

けなげですねえ。ますますワンコが好きになってしまいます。